A.S.H.モーターオイル販売のマルスマーケットではオイルに関する豆知識を掲載しております。
マルス マーケット TOPページへ
A.S.H.モーターオイル販売
株式会社マルスプランニング
MARS店長プロフィール MARS MARKET店長「MARSブログ」 A.S.H.オイルについて ショップ紹介 ご利用案内 特定商取引法に関する表示 個人情報保護ポリシー お問い合わせ お客様センター
  MARS MARKET
マルス マーケット
オイルの選び方
A.S.H.を確実に扱うために

> A.S.H.オイルについてへ戻る

 
A.S.H.製品のネーミング解説
「FSE」、「VSE」、「PSE」など、最初はちょっと覚えにくい名前かもしれません。 しかし、それぞれの意味をわかってしまえば、その成り立ちがわかるネーミングになっています。 それぞれのアルファベットの意味を紹介しましょう。
F : 「Full」 100%
S : 「Synthetic」化学合成
E : 「Ester」 エステル
V : 「VHVI」 高度水素化分解油
PS : 「Part Synthetic」 部分合成油
つまり「FSE」というのは、"Full Synthetic Ester"で、100%エステル化学合成油ということになります。
粘度グレードについて
4輪車用オイル 粘度グレードについて
基本的な大前提として、その車両の取扱説明書に記載されている粘度を変える必要はありません。
サーキットで長時間の走行をする、低温始動性を向上させたいなどの場合には、多少グレードを上下してみる程度で十分です。
エステルベースのオイルの場合は、優れた潤滑性と耐熱性を持っているため、粘性抵抗が軽減する1ランク柔らかいグレードに落とすと、より軽快なフィーリングも得ることができます。
2輪車用オイル MOTO-SPECの粘度グレードについて
5W-40
街乗りをレスポンスよく、軽快に楽しみたい250ccクラスのスクーターや、ショートストロークのマルチエンジンに最適なグレードです。
10W-40
現代の高性能バイクにベストマッチする最も標準的なグレードで、小排気量のシングル&ツインから大排気量のスーパースポーツまで、常に最良のコンディションに保ちます。
10W-50
ビッグシングル・ビッグツイン、空冷の大排気量マルチなどにマッチするグレード、潤滑性・冷却性・密閉性の高さで、大きめのピストンクリアランスをカバーします。
15W-50
ボアアップ・ハイカム装着・高圧縮化といったチューニングを施した空冷ビッグボアエンジンで、過酷な走りをする場合の定番グレードです。'70年代以前のヒストリックバイクにもおすすめします。
  詳しいオイルの解説
 
 
A.S.H.モーターオイル販売
株式会社マルスプランニング
MARS MARKET TOPページへ
マルスマーケット トップへ
 
Copyright (c) 2008 MARS MARKET All Rights Reserved